Instagram( インスタグラム)を活用したハッシュタグキャンペーンの特徴は?

Instagram( インスタグラム)を活用したハッシュタグキャンペーンの特徴は?

月間アクティブユーザー数が3,300万人を超え(2019年3月)、現在では若年層をはじめとした多くのユーザーに利用されている「Instagram(インスタグラム)」。

「インスタ映え」を意識した高品質な写真や画像が日々投稿され、今ではTwitterやFacebookと同様、私たち現代人の生活の一部として定着しているSNSになりました。

そんな Instagramですが、近年では多くの企業が「マーケティング戦略の1つ」として本格的に参入していることはご存知でしょうか。

実は、Instagram上でのユーザーにおける写真や口コミなどの投稿は、企業のマーケティングに非常に活かしやすいという特徴があります。

さらには、SNS独特の文化・機能である「ハッシュタグ(#)」活用した「ハッシュタグキャンペーン」は、SNSマーケティングの代表的な手法の1つとして認知され、今では大手企業をはじめとしたさまざまな企業がInstagramのアカウント運用を開始しています。

そこで今回は、 Instagramを活用したハッシュタグキャンペーンの特徴について、メリット・デメリットを合わせてご紹介します。

「SNSやInstagramを活用した商品PRを検討している」「新しいサービスの認知を広めたい」などのお悩みを抱えている企業担当者の方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

ハッシュタグとハッシュタグキャンペーン

Instagramを活用したハッシュタグキャンペーンの特徴をご紹介する前に、まずは「ハッシュタグ(#)」と「ハッシュタグキャンペーン」について簡単にお伝えします。

ハッシュタグ(#)とは?

ハッシュタグとは、SNSで特定のキーワードやトピックを分類するためのタグ(ラベル)のことを指します。ハッシュタグとして分類したいキーワードの頭文字に「#(シャープ)」記号を付けることで、ハッシュタグとして活用できます。

SNSでハッシュタグを活用することで、特定のキーワードに関する投稿を調べたり、その投稿に興味のあるユーザーを一覧化して見ることが可能です。

ハッシュタグキャンペーンについて

「ハッシュタグキャンペーン」とは、ハッシュタグの特徴を活かした、SNS上でのマーケティング活動です。

SNSを活用している多くの企業は「指定のハッシュタグを付けた投稿」をハッシュタグキャンペーンの参加条件として設定し、SNSユーザーのハッシュタグを付けた投稿を促すことで、商品やサービスの告知や認知の拡大、プレゼントサービスなどを行います。

現代社会ではSNSの利用ユーザーは年々増加傾向であり、ユーザー(消費者)が気軽に参加できるキャンペーンとして、近年では多くの企業がSNS上でハッシュタグキャンページを実施しています。

ハッシュタグキャンペーンについてもっと知りたい方は、下記の記事もチェックしてみてくださいね。

担当者必見!ハッシュタグキャンペーンとは?ポイントや事例を紹介!

Instagram(インスタグラム )のハッシュタグキャンペーンの特徴は?

では次からは、 Instagramを活用したハッシュタグキャンペーンの特徴についてご紹介します。

なぜ今、多くの企業はInstagramを活用したハッシュタグキャンペーンを実施するのでしょうか。それには、大きく2つの理由があります。

SNSに画像・動画を投稿する文化が根付いている

多くのSNSでは、画像や写真、動画を撮って投稿することができます。中でもInstagram(インスタグラム)は写真や画像の投稿に特化したSNSであり、ユーザーは自身のお気に入りの写真や画像を好きなように加工して投稿できます。

SNS上に画像や動画を投稿することが“あたりまえ”になっている現代社会では、ハッシュタグと合わせて写真や画像を投稿するシナジーは非常に大きく、ハッシュタグキャンペーンは現代にマッチした「ユーザー参加型のキャンペーン方法」といえるでしょう。

ユーザーが気軽に参加できる

キャンペーンのプレゼントがどんなに素晴らしい物だとしても、そのキャンペーンに参加するための条件が複雑だと、多くのユーザーにキャンペーンへ参加してもらうことは難しいでしょう。

しかし、Instagramを活用したハッシュタグキャンペーンでは、指定されたハッシュタグを付けた投稿をするだけで、多くのユーザーは気軽にキャンペーンに参加できます。

企業側も、指定したハッシュタグの投稿をSNS上でリサーチするだけでキャンペーン関連の投稿を確認できるため、キャンペーンの口コミや盛り上がり具合がすぐにわかります。

Instagram(インスタグラム )のハッシュタグキャンペーンのメリット

では実際に、Instagramでハッシュタグキャンペーンを実施することで、企業はどのようなメリットを得られるのでしょうか。

次は、Instagramのハッシュタグキャンペーンにおける5つのメリットについてご紹介します。

特定のユーザーにアプローチできる

基本的なことではありますが、ハッシュタグ投稿をするユーザーは、“そのハッシュタグの商品やサービスに興味がある”ことが大前提です。

そのため、Instagram上で特定のハッシュタグを付けた投稿を促すことで、“自社商品に興味のあるユーザー(見込み客)”へ間接的にアプローチができます。

最近では、若年層だけではなく40代・50代のInstagramユーザーも増加傾向であり、幅広い年齢層の中から狙いたいユーザー層へのアプローチにつなげられます。

商品やサービスの認知度を上げる

ハッシュタグ付きの投稿を促すことで、企業が主体的にPRをしなくとも、自然と商品やサービスの認知度を上げることができます。

Instagramには「シェア機能」が搭載されていないものの、個々のフォロワーの投稿から多くのユーザーに商品やサービスを認知してもらえる機会は多くあります。

特にInstagramは、「インスタ映え」を意識した高品質な画像が集まりやすく、「商品は知らなかったけれど、フォロワーの投稿を見て興味を持った」というユーザーを増やすこともできます。

本来であればリーチできなかったユーザー層にまで認知を広げることができるため、Instagramは商品の認知拡大にも活用できます。

宣伝コストを抑えられる

新しい商品やサービスをPRするには、各メディアへの掲載費や広告費など、たくさんの費用が必要です。

しかし、SNS上でのユーザーの投稿を活用したハッシュタグキャンペーンであれば、掲載費や広告費などの宣伝費を大きく抑えることができます。

Instagramアカウントの作成自体も無料でできるため、初期費用の削減にもつながります。

投稿をプロモーションに活用できる

ハッシュタグキャンペーンに参加していただいた多くのユーザーの投稿は、そのまま商品やサービスのプロモーションとしても活用できます。

投稿には、ハッシュタグや写真の他に、プロモーションに非常に重要な「ユーザーの口コミ・感想」が一緒に投稿されることも多く、ユーザーの生の声を収集・拡散することも可能です。

InstagramのUGCを集められる

「UGC」とは、「User Generated Content:ユーザーがつくったコンテンツ」の略語であり、SNSに投稿された画像やブログ、レビュー、口コミなど、ユーザー自身が発信した情報全般を指します。

「ハッシュタグ付きの投稿」をハッシュタグキャンペーンの参加条件にすることで、商品やサービス、さらには自社に関する投稿や口コミなどのUGCを効率よく集めることができます。

UGCを集めることで、「今回のキャンペーンの盛り上がりはどの程度なのか」「ユーザーはどのようなサービスを求めているのか」など、今後の商品やサービスの開発に役立てることにつながります。

Instagram(インスタグラム )のハッシュタグキャンペーンのデメリット

Instagramを活用したハッシュタグキャンペーンには多くのメリットがありますが、その一方で、Instagramの特徴とハッシュタグキャンペーンが噛み合わない場合があります。

メリットだけではなく、デメリットまでもしっかりと把握することで、より有効に Instagramのハッシュタグキャンペーンを商品のPRとして活用できます。

Instagram(インスタグラム )ユーザーにしかアプローチできない

Instagram上で実施したハッシュタグキャンペーンは、 Instagramユーザーにしかアプローチできないため、“Instagramをあまり利用しなさそうなユーザー層”を狙った商品やサービスの場合は、思うような効果が得られないことがあります。

例えば、「高齢層向けの商品」「値段設定が高めのサービス」などは、若年層ユーザーの多い Instagramでのキャンペーンで活用するには向きません。

他のSNSに比べて拡散されにくいケースがある

「シェア機能」があるTwitterやFacebookに比べると、Instagramは拡散力があまり高くはありません。

そのため、企業アカウントのフォロワーが少ない場合や、著名人やインフルエンサーを活用としないキャンペーンの場合では、そもそものキャンペーン自体が認知されずに終了することも十分に考えられます。

しかしそのような場合でも、 Instagram内の有料広告を活用したり、キャンペーンの実施期間を長く設定したりすることで対処は可能です。

ハッシュタグキャンペーンを開始するまでの準備が大変

Instagramでのハッシュタグキャンペーンを開始するには、最低でも以下の項目を設定する必要があります。

・キャンペーンの目的や目標を明確にする

・キャンペーンのターゲットを設定する

・キャンペーンへの応募条件のハードルについて検討する

・特典(商品)やルールに不備がないかを確認する

・キャンペーン中の投稿に関するガイドラインを設定する

「ユーザーが気軽に参加できる」ことがハッシュタグキャンペーンの大きなメリットですが、キャンペーンの開催までにはさまざまな準備をしなければならないことが、企業が Instagramのハッシュタグキャンペーンに参入できない障壁の1つになっています。

しかしながら、最近では、Instagramをはじめとした各種SNSの運用や集客、マーケティングなどの専門業務を委託できる企業が増えています。

「ハッシュタグキャンペーンの準備に手間取ってしまっている」

「SNSの運用のノウハウがないため、人材育成ができない」

このようなお悩みを抱えている企業担当者の方は、SNSマーケティングを専門に請け負っている委託業者に外注することで、余計な時間や人員を割くことなく、より高いSNS運用の効果を得ることができますよ。

企業のSNSマーケティングをアウトソーシング(外注)するメリットは?

まとめ

今回は、Instagramを活用したハッシュタグキャンペーンの特徴についてご紹介しました。

InstagramをはじめとしたSNSは、現代社会における生活の一部となりつつあり、今後も更なるSNSユーザーの増加が見込まれます。

そのような中で、 Instagramを活用して企業の商品やサービスをPRできるハッシュタグキャンペーンは、すでに“新しいマーケティング手法”として定着しています。

「新たなユーザー層に商品を広めたい」「SNSを活用したマーケティングの実施を検討している」という企業担当者の方はぜひ、多くのユーザーを巻き込むことができる Instagramのハッシュタグキャンペーンを活用してみてはいかがでしょうか。

 

URL :
TRACKBACK URL :