Twitter( ツイッター)を活用したハッシュタグキャンペーンの特徴は?

Twitter( ツイッター)を活用したハッシュタグキャンペーンの特徴は?

日本で最もメジャーなSNSといえば、140文字の文章を気軽に投稿できるサービスである「Twitter(ツイッター)」ではないでしょうか。

最新のデータによると、国内のTwitterアクティブユーザー数は月間4,500万ユーザーを超え、10代から50代以降の世代まで、幅広いユーザーがTwitterを利用しています。

匿名かつ簡単に投稿(ツイート)でき、ユーザー個人における商品やサービスに対する「本音の気持ち(口コミ)」が取得しやすいことから、Twitterは「企業のマーケティング戦略」の1つとしても活用されています。

そこで今回は、 Twitterを活用したハッシュタグキャンペーンの特徴について、メリット・デメリットを合わせてご紹介します。

「SNSやTwitterを活用した商品PRを検討している」「新しいサービスの認知を広めたい」などのお悩みを抱えている企業担当者の方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

ハッシュタグとハッシュタグキャンペーン

Twitter(ツイッター)を活用したハッシュタグキャンペーンの特徴をご紹介する前に、まずは「ハッシュタグ(#)」と「ハッシュタグキャンペーン」について簡単にお伝えします。

ハッシュタグ(#)とは?

ハッシュタグとは、SNSで特定のキーワードやトピックを分類するためのタグ(ラベル)のことを指します。ハッシュタグとして分類したいキーワードの頭文字に「#(シャープ)」記号を付けることで、ハッシュタグとして活用できます。

SNSでハッシュタグを活用することで、特定のキーワードに関する投稿を調べたり、その投稿に興味のあるユーザーを一覧化して見ることが可能です。

ハッシュタグキャンペーンについて

「ハッシュタグキャンペーン」とは、ハッシュタグの特徴を活かした、SNS上でのマーケティング活動です。

SNSを活用している多くの企業は「指定のハッシュタグを付けた投稿」をハッシュタグキャンペーンの参加条件として設定し、SNSユーザーのハッシュタグを付けた投稿を促すことで、商品やサービスの告知や認知の拡大、プレゼントサービスなどを行います。

現代社会ではSNSの利用ユーザーは年々増加傾向であり、ユーザー(消費者)が気軽に参加できるキャンペーンとして、近年では多くの企業がSNS上でハッシュタグキャンページを実施しています。

ハッシュタグキャンペーンについてもっと知りたい方は、下記の記事もチェックしてみてくださいね。

担当者必見!ハッシュタグキャンペーンとは?ポイントや事例を紹介!

Twitter(ツイッター)のハッシュタグキャンペーンの特徴は?

では次からは、 Twitterを活用したハッシュタグキャンペーンの特徴についてご紹介します。

なぜ今、多くの企業はTwitterを活用したハッシュタグキャンペーンを実施するのでしょうか。それには、大きく2つの理由があります。

Twitterの国内ユーザー層は幅広い

2017年10月の時点での国内における月間アクティブユーザー数(アカウント登録だけではなく、投稿活動をしているユーザーのこと)は4,500万人に達し、国内で最も人気のあるSNSとして有名な「Twitter(ツイッター )」。

ユーザーの年齢層は10代~40代と若年層が多く、最近では40代以降のユーザーも増加していることからも、アプローチできる層が幅広いことが特徴です。

また、各SNSに比べ“匿名性”が高く、日本にフィットしたSNSとして高い人気があります。

タイムリーな投稿(ツイート)と拡散が期待できる

Twitter上で文章や画像を投稿することは、「ツイート」と呼ばれます。ツイートは、ユーザー自身のタイムライン上に“リアルタイム”で表示されることがTwitterの大きな特徴であり、常に最新のツイートや情報を目にすることができます。

ユーザーが気になったツイートは、ユーザー自身が「拡散(リツイート)」することができ、多くのユーザーに注目されるような内容は、瞬く間に拡散される傾向にあります。

そのため、ハッシュタグキャンペーンを実施するのに非常に重要な要素である「拡散」を比較的簡単に狙うことができ、他のSNSに比べてキャンペーンの認知を幅広いユーザーに広げることにつながります。

Twitter(ツイッター)のハッシュタグキャンペーンのメリット

では実際に、Twitterでハッシュタグキャンペーンを実施することで、企業はどのようなメリットを得られるのでしょうか。

次は、Twitterのハッシュタグキャンペーンにおける5つのメリットについてご紹介します。

フォロワーの獲得

Twitterを活用したハッシュタグキャンペーンにおいて、多くの企業では「企業の公式Twitterアカウントをフォローする」ことを参加条件として設定しています。

フォロワーの獲得はTwitterの運用には欠かせない重要項目であり、キャンペーンを通じて通常のTwitter運用よりもはるかに高いフォロワー獲得効果を期待できます。

商品やサービスの認知度を上げる

ツイートは140字以内の文章以外にも、写真や画像、ハッシュタグを付けて投稿できます。他のユーザーのツイートは、自身が気に入ればリツイートという形で気軽に拡散することができるので、商品やサービスの認知度アップにつながります。

宣伝コストを抑えられる

Twitterアカウントの作成は、個人・法人問わず無料で行えます。また、時間によるツイート制限もないために、余計な広告費や宣伝費をかけることなく商品やサービスの宣伝が可能です。

さらにハッシュタグキャンペーンでは、ユーザーによる「二次拡散(ユーザーのツイートを、他のユーザーが拡散すること)」も大きく期待できるため、宣伝コストを大きく抑えることができます。

投稿(ツイート)をプロモーションに活用できる

Twitterユーザーによる写真や口コミのツイートは、そのまま企業のプロモーションとしても活用できます。

特に商品購入に関しては、「ユーザーの口コミ」が大きく影響するため、ユーザーによる良い口コミは商品プロモーションとして非常に有効です。

ユーザーが気軽に参加できる

Twitterでのハッシュタグキャンペーンは「拡散(リツイート)」するだけで参加できるため、ユーザー負担が少なく、多くのユーザーが気軽に参加することができます。

ハッシュタグキャンペーンでは、いかにしてユーザーの投稿を集められるか、商品の認知を広げられるかが重要であり、キャンペーンに対するユーザー参加のハードルはできる限り下げることが望ましいです。

Twitter(ツイッター)のハッシュタグキャンペーンにおける注意点

Twitterでハッシュタグキャンペーンを実施する際には、注意しなければならないことが1つあります。

それは、キャンペーン参加のためのツイートに「企業アカウントの『@ユーザー名』を含めてリツイートしてもらうこと」です。

これはTwitter上では、「メンションを付ける」と呼ばれ、他のTwitterユーザーへ向けたツイートには相手のユーザーID(@ユーザー名)を付けることで、相手が自分に向けられたツイートの数値にすぐ気付くことができます。

Twitterのハッシュタグキャンペーンでは、参加者には必ず「メンションを付ける」ことをお願いしましょう。

これさえわかればOK!Twitter(ツイッター)でよく使う用語まとめ

Twitter(ツイッター)のハッシュタグキャンペーンのデメリット

Twitterは誰でも簡単に匿名アカウントが作成できるが故に、ハッシュタグキャンペーンを行うことでのデメリットも少なくありません。

しかし、それぞれのデメリットはキャンペーン前に対策を検討することで回避できるものが多いため、Twitterの特性をしっかりと理解した上でキャンペーンを実施しましょう。

応募者に複数アカウントを作成させない

Twitterは“匿名性”が高いSNSであり、ひとりが複数のアカウントを簡単に作成できます。そのため、ハッシュタグキャンペーンのプレゼント目当てで複数アカウントを作成し、応募するユーザーも少なくありません。

複数アカウントの作成を規制することは難しいのですが、ハッシュタグキャンペーンのルールとして「複数アカウントからの応募禁止」を設定することで、ある程度の規制は可能です。

繰り返し同じツイートをさせない

同一アカウントが同じ内容のツイートを何度も投稿することは安易です。キャンペーンの公平性を保つためにも、「同一アカウントに繰り返し同じツイートをさせない」ことも、事前にルールとして規制しておきましょう。

悪い口コミ(ツイート)もすぐに拡散される

Twitterは、特に拡散力の高いSNSです。

商品やサービスの「良い口コミ」が拡散されることは企業にとって非常に嬉しいことですが、一方で、商品のクレームやサービスの質に対しての「悪い口コミ」も、瞬く間に拡散されます。

悪い口コミや噂が拡散されることを「炎上」と呼び、Twitterを利用している多くの企業では「炎上対策」も忘れずに実施しています。

企業のTwitter(ツイッター)担当者必見!炎上のリスクや対策について紹介

ハッシュタグキャンペーンを開始するまでの準備が大変

Instagramでのハッシュタグキャンペーンを開始するには、最低でも以下の項目を設定する必要があります。

・キャンペーンの目的や目標を明確にする

・キャンペーンのターゲットを設定する

・キャンペーンへの応募条件のハードルについて検討する

・特典(商品)やルールに不備がないかを確認する

・キャンペーン中の投稿に関するガイドラインを設定する

「ユーザーが気軽に参加できる」ことがハッシュタグキャンペーンの大きなメリットですが、キャンペーンの開催までにはさまざまな準備をしなければならないことが、企業が Instagramのハッシュタグキャンペーンに参入できない障壁の1つになっています。

しかしながら、最近では、Instagramをはじめとした各種SNSの運用や集客、マーケティングなどの専門業務を委託できる企業が増えています。

「ハッシュタグキャンペーンの準備に手間取ってしまっている」

「SNSの運用のノウハウがないため、人材育成ができない」

このようなお悩みを抱えている企業担当者の方は、SNSマーケティングを専門に請け負っている委託業者に外注することで、余計な時間や人員を割くことなく、より高いSNS運用の効果を得ることができますよ。

企業のSNSマーケティングをアウトソーシング(外注)するメリットは?

まとめ

今回は、Twitterを活用したハッシュタグキャンペーンの特徴やメリットについてご紹介しました。

Twitterは最新のトレンドがリアルタイムで取得でき、ユーザー層も幅広いことから、ハッシュタグキャンペーンやSNSを活用したマーケティングに最適なSNSです。

ユーザーによる拡散効果も非常に期待でき、ユーザーの生の声を知ることでより効果的なキャンペーンを実施できます。

「新たなユーザー層に商品を広めたい」「SNSを活用したマーケティングの実施を検討している」という企業担当者の方はぜひ、高い拡散力を期待できるTwitterのハッシュタグキャンペーンを活用してみてはいかがでしょうか。

URL :
TRACKBACK URL :